FC2ブログ

★☆好評につきブログ移転しました☆★

新サイトはこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
ウジャン村
18a.jpg
8月17日 ウジャン村 



アシュトラットからバスをのりついで30分。ウジャン村に到着。



っていうか皆さん、こんなこと言ってもあたりまえだろって言われちゃうかも知れないんですけど、

村って全員知り合いなんですね。。。



村に到着すると、ちかくのベンチにこしかけていたおじさんも、こどもたちも、
みんなシーダ・エギーシェヴナにうやうやしく挨拶する。

で、後ろの小汚いガイジンにびびる・・・様子はみせず、

むしろウケている。


「君日本からきたのかい!?

 いいねー まぁコーヒーでも飲んでいきなさい。(定番)



いやいや、シーダさんの家に招待される途中ですから!



18b.jpg


アルメニアのお墓。土地代に糸目をつけていない感じで設計されています。
この2つの写真からもわかるように、
村に入ると果樹でいっぱいの緑だけれども、村のまわりは岩だらけの茶色なんですね。


もちろん、アルメニア全土がこういう風景ではないことは、
北部のアフタラや、東部のナゴルノカラバフなど緑の多い山岳部や
天候のうつろうセヴァン湖半で明らかになったのですが、

このときの私は、アルメニアがどういう風土の土地なのかまだ何もわからず
この山をずっと越えた先のグルジアも、こんな色の土をしていて、
田舎はこんなに穏やかでるのかなぁなんて
ちょっと考えてしまったわけです。



18c.jpg

これはシーダさんが羊の原毛をたたいているところ。
金属でできた2又の杖のようなものでたたくと糸の向きがそろうんだとかなんだとか。
調べたんですけど 刈り取り→洗濯→カーディング→・・・というプロセスの中の
カーディングの一歩手前だと思われます。

でも私のたたき方が下手だったために
叩いてもくしゃみでるだけだった・・・結局何のプロセスだったんだろう?



18d.jpg


シーダさんのおうち・・・の入り口で スイカ割りを命じられているリョーシャ。

この日のお昼ご飯は すいか でした。 



「ぶどうが良く実ってますね!まだ青いんですか?
エチミアジンの教会でみんながぶどうを買っていたから、てっきりもうシーズンなのかと。」

「そうね、シーズンだけど、あなたがエチミアジンにいたのは17日じゃない?」

「そうです。」

「それはね、ぶどうの日だったのよ。キリスト教の行事なんだけどね、
ぶどうを神様にささげて、そのあと食べるの。」

なるほど!あの人の多さもそのためか!



・・・ってことはエチミアジン以外いくトコが無いとかいうわけではなかったんですね爆



18e.jpg

謎も解決したことだし、一宿一飯の恩義に報いるべく
おひるを食べた後はきゅうりの収穫(初日を思い出す・・・)と、
青りんご狩り、水汲みを手伝いました。ナオカ農作業。

水汲み、というのはいつ断水になるかわからないため、
まだ水が出るうちにたくさんくみ上げておいて甕にためておく作業。

この作業をしたことで、私達に「水は買えるところで買っておかないとまずい」

という教訓が芽生え、その後も大量の水を背負って移動することになりました。

山岳部時代を思い出すなぁ。。。。




旅のはなむけにりんご、羊のミルクのチーズ、はちみつ一瓶をもらい
いよいよ一気に北限まで向かうぞ。

次の目的地はバナゾールをさらに超えて、アラヴェルディ。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
コメント
この記事へのコメント
キエフの墓地とは違いますね。やっぱり。
2009/07/05 (日) 03:43:41 | URL | nari #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ロシア留学ブログ  ロシアとおいかけっこ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。