FC2ブログ

★☆好評につきブログ移転しました☆★

新サイトはこちら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
国際政治が静かですね。

国際政治が静かですね。


などというと、


「中国とのあのごたごたを見とらんのか!これだからロシア屋は!!」

もしくは

「つい先日のイランの制裁を知らないつもりか!!ロシア屋として無責任じゃないのか!!」


と怒られてしまいそうですが、


それでもやはり2007年~2008年に比べたら、やはり昨今はとても静かだと思うのです。



国際政治問題が沈静化した、とか、政治問題が減ったというのはまた別の議論として、
(MDGsのレビューが行なわれていましたね。)
国際政治問題を強く指摘する声が、すこし小さくなったように思います。
いうまでもないことですが、これは国際経済問題を強く指摘する声が大きくなったことに反比例しているように思えます。




1999年以来、国連安保理でひっそりと、かつじりじりと火種を燃やし続けてきたアジェンダ
「Protection of civilians in armed conflict」が今年も7月に討議されていました。

本議題に関わる具体的事項が減少した影響を受けて、
ロシアの発言もきわめて一般化されたものになっています。


要するに、つまんなくなっている。笑




つまんなくなっている、だけであって、

これまでのチュールキン大使(まじこの人任期長いな)の発言の性質に変化は見られないので、


どんだけ不況になっても、子どもの学費のことや住宅ローンのことが気になっても、

このスピーチを作成したロシア人政策担当官の頭には、

ちゃんと1994年以降の屈辱が、反省が、しっかりと残っているようです。



この経済問題がひと段落したら、どうせみんなまたここに戻ってくるんだろう。




Mr. Churkin (Russian Federation) (spoke in Russian):
At the outset, allow me to thank you, Madam President, for your initiative to revisit the issue of the
protection of civilians in armed conflict. In that connection, we believe that there is a clear
need to be guided by the 1949 Geneva Conventions in labelling a situation as an armed conflict. That will enable us to better focus our efforts and to avoid counterproductive political interference.

(謝辞省略)

The subject under consideration today has long been at the very centre of United Nations and Security Council attention. At the same time, in spite of the efforts of the international community, the world continues to be plagued by armed conflicts that claim the lives of thousands of persons. That is the sad reality of our times. In addition, we do not find it useful to split the categories of civilians needing international protection into additional sub-categories. In that connection, we propose that we be guided strictly by the relevant provisions of the Geneva Conventions.

We resolutely condemn both wilful attacks against civilians and civilian loss of life as a result of indiscriminate or disproportionate use of force, which constitute serious violations of international humanitarian law. Nor is there any justification for individual armed groups to seize hostages or carry out terrorist attacks against civilians. We believe that improving the system for the collection and analysis of relevant data is necessary to effectively combat those phenomena. We request the Secretariat to be mindful of that in preparing future briefings to the Security Council on the issue of the protection of civilians. ★

(中略)

We believe that, in the current circumstances, the efforts of the international community should be aimed first and foremost at strengthening national efforts in this area.

(中略)

We also believe that revisiting the issue of establishing new, separate Security Council mechanisms on the protection of civilians is not useful. In conclusion, I would emphasize that only steadfast compliance by all parties with the norms of international humanitarian law and Security Council decisions, as well as the rejection of selective and unilateral approaches in interpreting violations, can promote improvements in conflict situations and strengthen genuine protection for civilians in armed conflicts.



上記★の部分で、情報開示を求めていることから、

ロシア国内カフカース地方で最近頻発したテロ行為に対する警戒と対策の強化の強い必要性を感じたんだけど、

ロシアにとってまだ「する必要があって」、「することができて」、「まだ取り組めていない」テロ対策

ってあるかしら?携帯電話の個人の通信状況の開示、とか?ブラックベリーの情報開示問題みたいに。

スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ロシア留学ブログ  ロシアとおいかけっこ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。